〈報告〉11月23日(木)「郷土に残る昔のくらし」と玉川上水の保全

「郷土に残る昔のくらし」と玉川上水の保全

2017年11月23日(木)13:20-15:00 津田公民館にて

祝日でしたが、予想を上回る33名の方が参加されました。

はじめに、1978年(S53年)に小平市教育委員会が企画し、㈱東京シネビデオが制作した映画「郷土に残る昔のくらし」を鑑賞しました。映画は、250年前の江戸時代中期に建築された神山家(*1)が解体に至るプロセスと、1654年に玉川上水が開通した後、1656年から小平が開拓されていく歴史が、資料をもとに解説され、当時をしのばせるような映像も映し出されます。夢を抱いてすすきの原の未開の土地に足を踏み入れ、苦節の年月をかけて小平を緑豊かな土地に変えていった人々の息吹が伝わってきます。また、映画が制作された1978年は西武ライオンズが出来た年で、今から約40年前ですが、その頃の小平の四季を背景に当時の人々の暮らしが記録されています。着物姿での農作業風景、盆の迎え火の様子、うどんで祝う正月など、現代とは違った暮らしの姿が見えました。

上映後、映画の製作担当をされた内田和宏さんからお話をうかがいました。内田さんは「現在の小平は当時と風景が変わっているので、昔の映像は価値があるのではないか。」と話されました。制作にあたっては、1967年に市の教育委員会が発行した『郷土こだいら』という本を参考にされたそうです。撮影した場所は、開墾当時のイメージ映像は箱根の千石が原、畑の風景は千葉県等で撮影されたそうです。

参加者の方からは「映画で空から見た小平と比べ現在は緑が減っている。最後には玉川上水と学校の緑しか残らないのではないかと思う」という感想もありました。また、「映画の盆の迎え火の場所はどこ?」の質問に、内田さんは「小川寺近くの家の映像ですが、迎え火は今でもされているのでしょうか」と逆質問され、参加者が「見たことがない」と答える場面もありました。

そして、最後に主催者から、“玉川上水を保全し、今の姿を後世に残していくためにはどうしたらいいか”という問いかけがあり、「世界遺産に登録する」、「震災時に玉川上水の水を使えないか」、「市は用水路を歴史的遺産として守る計画があるが防災時の活用は考えていない」、「行政はたぬき堀(*2)の法面が地震で崩れるかもしれないと言っているが、関東大震災では橋が一ヶ所崩れただけで他は大丈夫だったと聞いている」等の意見がありました。

当日は、玉川上水ウォッチングクラブの宮元さんから、玉川上水の植物と生き物との関係についてのお話もあり、小平の自然にいろいろな面から光を当てる催しになりました。

会場

制作者の内田和宏さん

制作者の内田和宏さん

*1 神山家は、市の指定有形文化財となり、小平ふるさと村に移築されています。

*2 地中を通るトンネル状の堀のこと。小平では、小川橋上流の新堀用水が、明治時代にたぬき堀でつくられ、今も残っています。

 

広告

11/23 映画「郷土に残る昔のくらし」と玉川上水の保全

映画「郷土に残る昔のくらし」と玉川上水の保全

「郷土に残る昔のくらし」(28分)は小平市教育委員会が1973年に企画制作した記録映画です。映画を見て、脚本・演出の内田和宏さんに当時の小平のお話を聞きます。そして、玉川上水の保全について話し合います。

日時:11/23(木祝)13:15-15:00

会場:津田公民館講座室
資料代100円
 

身近で多様ないきもの「クモ観察会」

 9月16日、小平中央公園と玉川上水周辺でクモ観察会を開催しました(地球永住計画・生活クラブ生協まち小平・みどりのつながり市民会議共催)。参加者は大人18名、子ども7名。東京蜘蛛談話会の初芝伸吾さんと新井浩司さんが講師にいらしてくださいました。

 草の上で大きな網をさっと一振りすると何種類ものクモが入っているので、観察もお話も次から次へ尽きることがありませんでした。狭い範囲にたくさんいるため、ゆっくりゆっくり移動する観察会でした。

 網を張って虫を捕らえるクモばかりでなく、巣穴を掘って入口に土を固めたふわふわの扉を付けるキシノウエトタテグモ、袋状の巣を作り、獲物が来ると巣を破って飛び出すジグモ、生け垣に水平にかけた巣の奧のトンネルにひそむコクサグモ、ほかのクモの巣を使うチリイソウロウグモなど、多様な生態が観察できました。アリグモやオナガグモのクモらしからぬ形態や動き、ビジョオニグモのユーモラスな模様とみどりのおなか、ウズグモの網のかわいいギザギザ模様など、初心者にもおもしろい要素が豊富にあり、参加者のみなさんも熱心に観察を楽しみ、あちこちで驚きの声を上げていました。質問に次々におだやかに答えてくださる講師の方たちに感謝、クモがぐんと身近ないきものになりました。

 そもそもクモに特化した観察会を開いたのは、5年前に中央公園の林で希少種のマメイタイセキグモが発見されたからことがきっかけでしたが、残念ながらこのクモには出会えませんでした。観察会終了後、林の入口で、獲物をつかまえたばかりのジョロウグモのメスと、近づく二匹のオスをじっくり観察して帰りました。

 初芝伸吾さんと新井浩司さんがまとめてくださった、クモの種類の表を添付します。(※クリックすると拡大します)

e381bfe381a9e3828ae5b08fe5b9b3e5b882e8a6b3e5af9fe4bc9ae382afe383a22017-xlsx-e1510555911991.jpg

9月16日(土)クモ観察会を開催します

小平中央公園の体育館横の林でクモの観察会を開催します。この林では5年前、マメイタイセキグモというナゲナワグモ科の希少種が都内で初めて見つかったそうです。この観察会は定員が少ないため、申込みはお早めにお願いします。

9月16日(土)10時-12時(雨天の場合は17日(日)同時刻に延期)
定員:10人 小学3年生以上。小学2年生以下は保護者同伴
持ち物:捕虫網、虫かご、飲み物、帽子
申込み締切:9月11日(月)
メール:satoko.lee@gmail.com(リー)
電話:090-8341-9170(水口)

共催:生活クラブ生協まち小平、地球永住計画、みどりのつながり市民会議
協力:ちいさな虫や草やいきものたちを支える会

12月6日(土)「Walk&Talk史跡玉川上水」開催します!

12月6日(土)に「Walk&Talk史跡玉川上水」開催します! ぜひご参加ください。
詳細が決まりましたら、またお知らせします。

Walk&Talk 史跡玉川上水

玉川上水が国の史跡になっていることを知っていますか?
玉川上水を一緒に歩いて、玉川上水に寄せる想いを語りましょう。

12月6日(土)
Walk(ウォーク)
時間:午前11時~12時(小雨決行、大雨中止)
場所:小平市民総合体育館前に集合して、ガイドの説明を聞きながら、中央公園から小平西高校付近まで玉川上水を歩きます。

Talk(トークイベント)
玉川上水の貴重なスライド上映、史跡玉川上水についてトーク他
時間:午後1時半~3時半(1時15分開場)
場所:小川町一丁目地域センター(武蔵野美術大学裏)
資料代:200円
午前、午後どちらかだけの参加も可。
昼食は各自ご持参ください。
お昼に、Talk会場の小川町一丁目地域センターで、汁物を用意します(先着順)。
問合せ:midoritsunagari@gmail.com
主催:みどりのつながり市民会議 midoritsunagari.wordpress.com/

消えた小川村の原風景を歩く

市民版!サミットのご報告が遅れており、申し訳ありません。

今月22日に、「玉川上水どう守る?part2 -消えた小川村の原風景を歩く」というウォークイベントを開催することになりました。

ちょうど、小平都市計画道路3・4・23号線の工事で、玉川上水沿いの木々が伐採されているあたりです。宅地開発や道路建設のために、この付近の風景がこのところ大きく変わっています。小平市玉川上水を守る会の庄司さんのご案内で小川町の原風景をたどります。歩きながら、これからの小平のこと、いっしょに考えませんか。

消えた小川村の原風景を歩く.jpg

チラシのダウンロード