3月21日(土)林の作戦会議を開きます

小平中央公園横の林の中に、柵が建てられ、「立ち入り禁止」の札が付けられたのをご存じですか?

小平中央公園横の林は、東側半分が道路(小平3・2・8号線)にされる計画です。今年1月、東京都が林内の道路予定地を購入し、2月から柵を設置しました。

プレーパークや幻燈会、様々なパフォーマンスの場として・・あるいは散策や犬の散歩、朝の太極拳、虫とりなど・・、子どもにも大人にも愛され、市民の憩いの場となってきた林をできるかぎり今までのように使わせてほしい・・。

現在、林に建てられたのは単管パイプの「仮柵」で、小平市が都から道路予定地を借りて管理するなどの方法で、柵を外す可能性はあるようです。

情報を共有し、林をこれまでのように市民が使えるようにするための『作戦会議』を開きます。ぜひ参加して、あなたの意見を聞かせてください。

日時:2015年3月21日(土)14:00~16:00
場所:津田公民館 和室2
主催:みどりのつながり市民会議
10989301_490382187760605_7323393696802364609_n

広告

小平中央公園の道路予定地に仮の柵が設置されました

2月16日(月)に市民総合体育館東側の樹林内の道路予定地に柵が設置されました。

東京都からは、仮の柵の設置は止められないが撤去の可能性はあると聞いています。みどりのつながり市民会議も含め、利用団体を中心に都と市に働きかけているところです。市議会4会派(フォーラム小平、日本共産党小平市議団、生活者ネットワーク、虹とひかり)も先週末に下のように中央公園横の樹林の3・2・8号線計画地部分について「市が所有する樹林と共に一体的に管理し、可能な範囲で市民が立ち入り使用できるよう、東京都と協議していただきますよう」求める要望書を小平市長に出してくださっていますが、市は対応する姿勢を全く見せていません。これは管理のための仮の柵で、すぐに木が切られてしまうわけではありません。

〈これまでの都と市の主張〉

(東京)仮設置はすでに発注済みで、2月中に設置する。市民利用があることはこちらも把握しているで、小平市から、これまで同様に管理させてほしいという要望があれば、柵を撤去して開放することも検討できる。

(小平市)すでに東京が取得した土地なで、市が関与するべき立場にない。が開放するということであれば、市が貸出窓口や緊急時対応を引き受ける。市民要望はに伝える。

______________________________

今までのように林を開放し、

可能な限り使わせてほしいという要望を、

東京都と小平市の両方に届けてください!

○小平市秘書広報課(市政に関する意見・要望(市長への手紙・市政への提言)などを受け付ける)電話 042-346-9508(広聴担当・市民相談の受付)、FAX042-346-9507(広報担当、広聴担当)、hisyokoho@city.kodaira.lg.jp *すぐに水と緑と公園課にまわされるかと思いますが、ここに届いた意見・要望は分類してカウント・記録されるようなのでこちら経由がおすすめです。

○小平市水と緑と公園課 電話042-346-9556 FAX042-346-9513 koen@city.kodaira.lg.jp
○東京都北多摩北部建設事務所用地課 電話042-540-9532 S0000395@section.metro.tokyo.jp