4/20、4/22「新堀用水のり面保全事業」説明会

「新堀用水のり面保全事業」説明会

「玉川上水しんぶん こだいら」で以前からお知らせしていた胎内掘の工事について、小平市が事業説明会を開きます。(参考:「玉川上水しんぶん こだいら」1号2号3号

小平市HPのこちらのページに説明会の概要が出ています。
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/oshirase/059/059975.html

市HPには「胎内堀の亀裂や剥落が見受けられるため、市では平成30年9月頃から平成31年3月頃まで保全工事を行う」と書かれていますが、3ヶ月間新堀用水の流水が止められ、分水口を同じくする小川用水、田無用水、鈴木用水、大沼田用水、野中用水でも流水が停止します。

全長41km。生態系への影響は多大です。

小平市は、今年3月の市議会で、流水を止めない場合には、貯留施設、ポンプ施設、配管設備、マンホール設備等で約3000万円程度が必要になると答弁しているのですが、これは適正な見積もりなのか。どなたか専門的知識のある方にうかがいたいです。

関心をお持ちの方、ぜひ説明会にご参加ください。会場は中央公民館ホールなので、たくさん入れます。

4/20(金)午後7時~8時
4/22(日)午前10時~11時
中央公民館ホール

説明内容
・胎内堀について
・工事概要について
・市内用水路の止水について
※各回とも同じ内容

問合せ:水と緑と公園課 042(346)9831

市のHPに事業自体の概要がわかる資料がアップされていないのですが、説明会後には公開されるのでしょうか。

EPSON MFP image

小平市HP掲載資料。赤線の区間で流水が停止します。

広告