2021年8月9日(月休)ミニ観察会

2021年8月9日(月休)開催のミニ観察会の記録をまとめました。

講師:大石征夫 
参加者:岡田、尾川、永添、松山、水口、リー

【事前説明】今日のテーマは、実
・イチョウは2億年前から存在し、生きた化石と言われる。イチョウの雄木は、4~5月に花を咲かせ、花粉は雌木の雌花に受粉して、後で種子になる「胚珠」(はいしゅ)と呼ばれる部分に取り込まれ、短い花粉管を伸ばす。9月頃に花粉管から精子が泳ぎ出て、卵細胞と受精する。
・ケヤキの種は枝の先端の小さな葉と一緒に、風に乗って飛んでいく。

(中央公園内)
・キツネノマゴ
・エノコログサ(実は、ポップコーンのように調理可能)
・ヤマボウシ(ハナミズキの仲間。日本原産。今は黄色い実が赤くなると甘くておいしく、サルが食べる。)
・ノウゼンカズラ(当年枝の先端に花。めしべの先端が2つに分かれていて、触ると閉じる。)

(玉川上水沿い・左岸)
・ヤブラン
・チヂミザサ
・マルバウツギの実
・ムラサキシキブの青い実
・ゴンズイの青い実
・タマアジサイの花
・ナツヅタ(秋なると紅葉する)
・アオダイショウ(動物)

(玉川上水沿い・左岸・九右衛門橋より東)
・クサギの花(花はよい香り。葉がむっとする匂い。めしべが、自家受粉を避けるため、最初はおしべより下向きで、後からおしべより上になる。)
・オニドコロの雄花(ヤマノイモの仲間)
・ミズヒキ(実をくっつけるため?人が通るところに咲く)
・ミズキの実(花は同時に咲くが、鳥に順番に食べてもらうため、時間差で熟す)

(玉川上水沿い・右岸)
・ソヨゴの青い実(赤くなる)
・シロダモの青い実(葉の裏が白い。ロウ質で、熱で溶ける)
・ヒヨドリジョウゴの青い実
・ツルボの花
・テイカカズラの実(鞘状。2つのペア)
・ボタンクサギの花
・イヌビエ
・メヒシバ
・オヒシバ
・台湾ホトトギスの花(ルリタテハの食草)
・タマムシ(昆虫)
・スズメガの仲間の蛹(土の中で蛹になる)

玉川上水・分水の水質を調べよう<参加者募集中>

6月5日は世界環境デーです。この日に合わせて約6,000ヶ所で全国一斉水質調査が行われます。

小平市の玉川上水に流れている水は下水の高度処理水です。一方、新堀用水や小川用水の分水には多摩川の自然水が流れています。この分水の水質を調べて、玉川上水や全国の河川と比較してみましょう。

調査名称:第18回身近な水環境の全国一斉調査

調査日:2021年6月13日(日)(荒天中止の場合は翌日、翌々日と順延)

調査時間:10時~12時(遠方調査場所については13時まで)

調査項目:COD(有機物汚れの指標)、水温、気温

調査場所:小平市中央公園脇の新堀用水、小川用水及び玉川上水

集合場所:東鷹の橋(小平中央公園南西入口)

参加費:無料 

申込み:6月10日(木)までにbyr12254@nifty.com(松山)へお願いします。

  • 遠方調査参加者は自転車で来て下さい。
  • 水には入る事はありません。
  • 子どもの参加もOKです。

※荒天延期はこちらのページに当日午前8時に記載します。https://midoritsunagari.wordpress.com/

主催:みどりのつながり市民会議 共催:玉川上水ウォッチングクラブ

   

6月の玉川上水ミニ観察会

次回の玉川上水ミニ観察会は、6月12日(土)10:30~行います。通常は第一日曜日に行っていますが、今月は変則的です。また、緊急事態が続いているので、前回同様、定員8人(先着順)の予約制の形で開催したいと思います。

日時:6月12日(土)10:30~12:00(雨天中止)

定員8名(要予約、先着順)ご参加希望の方は、お手数ですがmidoritsunagari@gmail.comまでお申込みをお願いいたします。

集合場所:東鷹の橋(小平中央公園南西入口)

講師:大石征夫さん

主催:みどりのつながり市民会議

*マスク着用と、よろしければお一人100円のカンパ(18歳以下はカンパ不要)をお願いします。

5月の玉川上水ミニ観察会

差し迫ったお知らせで申し訳ありません。

5月の玉川上水ミニ観察会は、新型コロナウイルス感染症感染拡大の状況を受け、定員8人(先着順)の予約制の形で開催することにいたしました。ご参加希望の方は、お手数ですがmidoritsunagari@gmail.comまで申込みをお願いいたします。

日時:5月3日(月祝)10:30~12:00(雨天中止)

定員8名(要予約、先着順)

集合場所:東鷹の橋(小平中央公園南西入口)

講師:大石征夫さん

*マスク着用と、よろしければお一人100円のカンパをお願いします。

玉川上水ミニ観察会

4月の玉川上水ミニ観察会の予定をお知らせします。

日時:4月4日(日)10:30~12:00(雨天中止)

集合場所:東鷹の橋(小平中央公園南西入口)

講師:大石征夫さん

*マスク着用と、よろしければお一人100円のカンパをお願いします。

玉川上水の樹木伐採についての要望書

10月27日(火)、市内15団体で小平市に玉川上水の樹木伐採についての要望書を提出しました。

 東京都水道局は、毎年秋~冬に玉川上水の柵の内側の樹木の伐採や剪定を行っています。伐採する木には赤いテープが巻かれます。今年は、小平市の茜屋橋~喜平橋間で赤いテープが巻かれた樹木が約180本と、前年の10倍以上の伐採密度の多さだったので、都から樹木伐採の業務を受託している東京水道㈱に小平市民がかけあい、伐採本数を大幅に減らしてもらいました。東京都から小平市水と緑と公園課に伐採予定の通知がなかったことも判明しました。

 樹木伐採を行うのは東京都ですが、小平市内の玉川上水のことについては市も把握していてしかるべきであり、そもそも小平市には、小平市玉川上水を守る会の活動により、玉川上水の樹木伐採を行う際には、小平市民も交えて確認する「小平方式」が確立されていたはずです。

 要望した内容は、小平市内の玉川上水の樹木伐採については、市として内容を把握し妥当性を検討すること、伐採する樹木の選定基準を明確にすること、市と市民で玉川上水保全について検討する委員会を設置すること、小平方式を尊重すること、の4項目です。

 現在、市からの回答待ちです。前向きな回答を期待しています。

玉川上水・分水の水質を調べよう <参加者募集中>

小平市の玉川上水に流れている水は下水の高度処理水です。一方、新堀用水や小川用水の分水には多摩川の自然水が流れています。この分水の水質を調べて玉川上水や全国の河川と比較してみましょう。

今年は6月5日が世界環境デーです。この日に合わせて約六千ヶ所で全国一斉水質調査が行われます。

2020年6月6日(土)(雨天中止の場合は翌7日(日)に実施)

調査時間:13時~14時(小川用水調査は15時まで)

調査項目:CОD(有機物汚れの指標)、水温、気温

調査場所:小平市中央公園脇の新堀用水・玉川上水、及び小川用水等

集合場所:東鷹の橋 

連絡先:松山景二 090-2434-1272  byr12254@nifty.com

申し込み:5月30日までに連絡先宛に参加者の氏名、年齢、連絡先をお知らせ下さい。参加資格は小学生以上です。参加費は無料です。

主催:みどりのつながり市民会議

共催:玉川上水ウォッチングクラブ

玉川上水ミニ観察会報告

今年4月から毎月第一回開催している玉川上水ミニ観察会。

10時半に東鷹の橋に集合してお昼ごろまで、玉川上水の東鷹の橋〜久右衛門橋の区間の両岸を歩き、植物や昆虫を観察しています。案内は宮元伸也さん。

観察種一覧をまとめる報告ページを作成しましたので、こちらにアップしていきます。
https://midoritsunagari.wordpress.com/kansatsukai/

玉川上水ミニ観察会